Tag: バカラ戦略法

バカラ攻略法 マーチンゲール法

バカラの基本攻略法「罫線」と合わせて活用するととても効果的なのが、マーチンゲール法です。このマーチンゲール法は勝率が50%のゲーム、ブラックジャック、ルーレット、さらにスロットにも活用することができますが、中でもバカラでの使用が一番指示を集めています。基本的な使用方法はとても簡単で、一度覚えてしまえばすぐに実践することができます。 ここではバカラでマーチンゲール 法を最大限に活かす方法と注意ポイントをご紹介します。 バカラのルールおさらい まずはバカラのルールのおさらいをしましょう。「バンカー(胴元役)」と、「プレイヤー(客役)」の仮想のふたりに配られたカードの合計値のどちらが9に近いかを予想して賭けます。 Aの絵柄が1点、2〜9まではその数字通りカウント して、10〜Kまでは全て0点として数えます。9の絵柄が一番強い数となります。バンカー側に賭けて勝った場合は、カジノ側にコミッション5%が取られることを覚えておきましょう。 マーチンゲール法の基本 プレイヤーかバンカーのどちらが勝つかを予想したら、目の前にあるベットエリアにチップを置きます。バカラにはプレイヤー(PLEYER)、バンカー(BANKER)、タイ(THAI)、ペア(PAIR)の4つの賭け方がありますが、マーチンゲール法を使用する際はプレイヤー(PLEYER)かバンカー(BANKER)の2つに1つの選択を使用します。これはマーチンゲール法を使う際の条件として、勝率がほぼ50%という条件があるためです。 マーチンゲール法の使用方法 覚えておいて欲しいことは、最初にベットした額が、勝利した際の利益額と言うことです。例えば、最初に1ドルをベットしたら勝利額は1ドル、最初に5ドルをベットしたら勝利額は5ドルと言うことです。そのため予算に合わせて最初のベット金額を決めましょう。 マーチンゲール 法の活用法はとても簡単です。負けたら賭ける枚数を2倍に増やす。それだけです。 マーチンゲール法のシュミレーション ここでは、最初のベット額を1ドルにします。このシュミレーションではずっとプレイヤーに賭け続けていきます。…