2,000を超えるオンラインカジノが存在し、どこでプレイするか迷うところではないでしょうか?オンラインカジノの中にはお金を不当に騙し取ろうと考える悪質な運営業者も存在しているのが事実です。まずは信頼できるオンラインカジノを選ぶことが大切です。では信頼できるオンラインカジノとはなんでしょうか?それは「合法的に運営されているオンラインカジノ」イコール「信頼できるライセンスを保持しているか」です。

オンラインカジノのライセンスについて詳しくご紹介します。

信頼できるライセンスの種類

オンラインカジノを合法的に運営するためには、政府から発行される運営許可証である「ライセンス」が必要になります。

ライセンスを取得するためには厳しい審査をクリアし、ライセンス料を払わなければいけません。しかし、オンラインカジノのライセンスにも多く存在し、どのライセンスが信頼度が高いのか知る必要があります。基本的に、オンラインカジノのウェブサイトの下部には、保持しているライセンスが表記されています。以下のライセンスがあるかどうか確認するようにしましょう。

マルタゲーミングオーソリティー(Malta Gaming Authority)

  • 発行政府:マルタ共和国の政府
  • 発行年:2000年〜
  • 信頼度:9/10

mga

マルタゲーミングオーソリティー(MGA)はオンラインカジノが公正、合法、責任を持って、プレイヤーの安全を念頭に置いて運営されていることを目的としています。そして、数多くのゲーミングライセンスの中でも、最も取得するのが難しいライセンスの1つです。そのため最も信頼度が高いと言えます。信頼度が9/10の理由はイギリス政府が発効するUKGCのライセンスが1番高いためです。しかし、UKGCがイギリスのオンラインカジノのみに与えられるもので、現在は日本マーケットのオンラインカジノでは取得することができません。

さらにマルタライセンスは定期的な抜き打ち調査を行うことで、不正がないかを常にチェックしており、不正が発覚した場合はライセンスがすぐに剥奪されるようになっています。

ジブラルタル(Gibraltar)

  • 発行政府:イギリスの海外領土(スペインに位置する)ジブラタル政府発行
  • 発行年:1998年〜
  • 信頼度:9/10

Gibraltar

ジブラルタル(Gibraltar)のライセンスは最もプレイヤーのことを考えているライセンスと言えます。以前、オンラインカジノで新しい規則の導入が検討されていた際には、プレイヤーの安全性のために、英国政府にさえ異議を唱えたこともあるほど、プレイヤーの安全性を重要視しています。

ライセンスの審査は、ジブラルタルの政府が直接調査をしており、今までの企業実績に基づいて認可を出しているため、実績を積んでいないオンラインカジノ企業は、まずライセンスを取得することが難しくなります。さらに、ジブラルタルライセンスは維持費が高額なため、経営面での安定性も求められます。

キュラソーイーゲーミング(Curacao e-Gaming Licensing Authority)

  • 発行政府:オランダ領キュラソー政府
  • 発行年:1996年〜
  • 信頼度:8/10

curacao

キュラソーライセンスはマルタ政府に比べて、オンラインカジノを運営する制限が低く、入金限度額、出金限度額をあげるために、あえてキュラソーライセンスを取得、あるいは、マルタライセンスからキュラソーライセンスに移行するオンライカジノもあります。

キュラソーライセンス、ライセンスの設立を始めたのは1996年で、オンラインカジノのライセンスとして歴史があり信頼は長く保たれています。またキュラソーのライセンスは1つのライセンスでオンラインカジノ、スポーツブックの両方の運営を許可することもあり、スポーツブックを扱うオンラインカジノはキュラソーライセンスを保持している傾向があります。

カナワケゲーミングコミッション(Kahnawake Gaming Commission)

  • 発行政府:カナダのケベック州にあるカナワケ政府発行カナワケ政府発行
  • 発行年:1996年〜
  • 信頼度:7/10

KGC

カナワケゲーミングコミッション(KGC)は、カジノ側とやプレイヤー側の、両方が正当な運営とプレイをすることを方針としています。そのために、1年に1度ゲームシステムやソフトウェアに不正がされていないかを入念に調査し、プレイヤー側も年齢制限を守っているか、ギャンブルの依存性がないかなどを確認しています。

カナワケライセンスのロゴは少し独特です。左側の赤いマークはカナダの原住民であるモホーク族がを表しており、これは世界で初めてゲーミングライセンスを発行した管轄区域の1つであることも意味しています。