グッドマン法とは

グッドマン法、別名1235法はブラックジャック、バカラ、ルーレット(赤黒賭け、ハイロー賭け、奇数偶数賭け)等など、オンラインカジノテーブルゲームやライブカジノゲームで使える攻略法です。配当2倍で勝率が1/2のゲームにのみに使用することが出来ます。使い方はとってもシンプル。連勝した場合、そこから 「$1→$2→$3→$5→$5→$5」と決まった数列を賭けていくだけ。
グッドマン法の主な特徴は3つあります。まずはリスクを最小限にて利益を得れること。そして2回以上勝ち続けると、負けても残高が減らないこと。さらに4回以上勝ち続けると、グッドマン法の効果が発揮されるということです。リスクを最小限に抑えて、利益を確保することができるのがグッドマン法です。

バーネット法(1326法)にも似ており、どちらも手堅く勝つことができる必勝法として知られています。

必勝法

グッドマン法の賭け方

早速、グッドマン法の賭け方について見ていきましょう。グッドマン法は別名「1235法」と呼ばれるように、攻略内容がそのまま必勝法になっています。グッドマン法では賭ける金額が固定で決まっており、勝つたびに$1→$2→$3→$5→$5→$5の順番に賭けていきます。負けた場合はベッド額を$1に戻し、一度グッドマン法を使用するのを止めます。そして再び勝った後から、またグッドマン法を取り入れます。

1.最初に「$1」賭ける

2.勝ったら「$2」賭ける

3.さらに勝ったら「$3」賭ける

4.さらに勝ったら「$5」を賭ける

1~4の手順のどこかで負けたら、グッドマン法をやめて、次のベットを必ず「$1」に戻りましょう。また手順の4以降、連勝が続いている間はずっと$5をかけ続けます。利益が出て、そこで確定させたい時はどのタイミングで止めても構いません。

グッドマン法のシュミレーション

人気のバカラでグッドマン法を使ったシュミレーションをしてみましょう。バカラの基本ルールは、「プレイヤー」か「バンカー」という仮想の2人の勝負を予想します。グッドマン法をバカラで使用する場合、気をつけなければいけないのは、プレイヤーに賭けるということ。バンカーに賭けて勝った場合、コミッションフィーがカジノ側に取られてしまうためです。
そのため、このシュミレーションでもプレイヤーに賭け続けます。最初はから勝利が出るまで賭けていきましょう。勝利が出たら、グッドマン法を活用します。

  1. プレイヤーに$1賭ける→負け
  2. 負けたので、またプレイヤーに$1賭ける→勝ち
  3. 勝ったので、ここでグッドマン法を導入。$2を賭ける→負け
  4. 負けたのでグッドマン法を止めて$1に戻す→勝ち
  5. 勝ったので、再びグッドマン法を導入。$2を賭ける→勝ち
  6. 勝ったので、ベット額を増やし$3を賭ける→勝ち
  7. 勝ったので、さらにベット額を増やして$5を賭ける→負け
  8. 負けたので、グッドマン法を止めて$1に戻す→勝ち
  9. 勝ったので、再びグッドマン法を導入。$2を賭ける→勝ち
  10. 勝ったので、ベット額を増やし$3を賭ける→勝

 

最後に3連勝が続いて、$19 の利益を出すことが出来ました。ここでは勝負を10回まで続けましたが、このまま続けることも出来ます。

グッドマン方のメリット

グッドマン法のメリットについて見てみましょう。

👍🏻負けたときのリスクが少ない

連敗時のベット額は$1ずつのため、万が一連敗が続いた場合でも損失は非常に低いのがグッドマン法の特徴です。たとえ10連敗しても損失額は $10。また10連敗する確率は1%以下のため、心配する必要はありません。損失額のリスクが低いのがグッドマン法の最大のメリットと言えます。

👍🏻少ない軍資金でも使える

論理上は必ず勝てると言われるマーチンゲール法は多くの資金が必要です。しかしグッドマン法は少ない資金でも使用できる攻略法です。$1→$2→$3→$5→$5→$5と賭けて行った時、合計のベット額は $21です。要するに少ない軍資金でもグッドマン法を使用することが出来ます。

👍🏻連勝が続けば続くほど大きく残高が増える

連勝が続けば続くほど、勝利を増やすことが出来るのがグッドマン法です。

グッドマン法のデメリット

グッドマン法のデメリットをしっかり抑えて理解した上で、必勝法を活用しましょう。

👎🏻3連勝しなければ利益がでない

場合はによっては2連勝でも利益が出ることもありますが、連敗が続いたあとは、3連勝しなければ利益を出すことが出来ません。グッドマン方を止めるときは3連勝が続いてからにしましょう。

👎🏻利益を出すのに時間がかかる

上記で挙げたように、3連勝してこそグッドマン法の良さを最大限に生かすことが出来ます。連勝になる継続してベットする必要があるため、利益を出すには時間がかかる場合があります。

グッドマン法の応用編

資金に余裕がある場合は1235法と呼ばれるように、$1から賭けていくのが基本です。しかし、 2倍にして「2,4,6,10」や、3倍にして「3,6,9,15」と賭けることも出来ます。そうすれば力をさらに増やすことが出来ます。しかし負けた場合のリスクは少し高くなり、資金も必要になるため気をつける必要があります。最初から勝利額や損失額をあらかじめ自分の中で決めておき、そのルールの中のプレイすることをおすすめします。