手堅いカジノの必勝法「グッドマン法」使用すると必勝率があがります。ポイントを抑えて、オンラインカジノをさらに楽しみましょう。

 

グッドマン法とは

 

グッドマン法(1235法)はブラックジャック、ルーレット、バカラ等、使用できる攻略法で別名1235法とも呼ばれています。

使い方は至ってシンプルです。連勝した場合、そこから$1→$2→$3→$5→$5→$5・・・・と賭けていくだけ。

リスクを最小限に抑えて、利益を確保することができるのがグッドマン法です。

 

グッドマン法の主な特徴は3つ

 

  • リスクを最小限にて利益を得ることができる
  • 2回以上勝ち続けると、負けても残高が減らない
  • 4回以上勝ち続けると、グッドマン法の効果が発揮

 

グッドマン法のメリット

 

  • 負けたときのリスクが少ない
  • 初期投資が少なくても実践できる
  • 連勝が続けば続くほど大きく残高が増える

 

グッドマン法のデメリット

 

  • 3連勝しなけれな残高が増えない
  • 増やしていくには時間がかかる

 

グッドマン法の賭け方

 

それでは早速賭け方についてみてみましょう。

グッドマン法は別名「1235法」と呼ばれるように、攻略内容がそのまま必勝法となった非常にシンプルな必勝法です。

グッドマン法(1235法)では賭ける金額が固定で決まっています。

勝つ度に「$1→$2→$3→$5→$5…」の順番に賭けて、ゲームを進めていきます。

負けた場合はベッド額を$1に戻し、一度グッドマン法を使用するのを止めます。勝ちが出た場合、再度グッドマン法をとりいれます。

 

1.最初に「$1」賭ける

2.勝ったら「$2」賭ける

3.更に勝ったら「$3」賭ける

4.最後は4連勝を狙い「$5」を賭ける

 

勝ったら、賭け金を$1から$2に増やします。そしてまた勝ったら賭け金を$3に増やし、また勝ったら賭け金を$5、さらに連勝が続く間は$5ドルを賭け続けます。

この手順のどこかで負けたら、必ず最初の$1から賭けることが大切です。

利益が出て、そこで確定させたい時は、もちろんどのタイミングで止めても構いません。

 

バカラでグッドマン法を使う方法

 

最初は$1から勝利が出るまで賭けていきましょう。勝利が出たら、グッドマン法を活用するチャンス。

次のベット額を$2に増やします。ここで負けた場合、次のベッド額は$1に戻します。

勝った場合はベッド額を$3に増やしましょう。

さらに勝ったら$5に増やします。また勝ったらさらに$5のまま賭け続けます。

負けてしまった場合はベッド額を$1に戻ります。

 

グッドマン法をバカラで使用する場合、バンカーの賭けがおすすめです。プレイヤーの賭けよりも若干勝率が高くなっています。

 

グッドマン法をうまく使うコツ

 

グッドマン法(1235法)は、連勝時や勝利時に出た利益の一部を確保しながら賭けていくため、ゲーム数を重ねることで大きな利益を出すことができます。

損失額のリスクが低く、その分大きな利益を得るのも困難とも言えます。

 

一度負けるまでを1ターンと考えるなら、1ターンのリスクはたったの$1です。これがグッドマン法の最大のメリットである「リスクの低さ」です。

連敗時の賭け金が1ドルと固定になっていますので、万が一連敗が続いた場合でも損失は$1ずつですむので、損失額のリスクも低くなっています。

 

グッドマン法の応用編

資金に余裕がある場合は1235法だけではなく、2倍にした「2,4,6,15」や、3倍にした「3,6,9,15」と賭けることも可能です。

しかし、負けた場合のリスクは少し高くなるので、資金を考慮しながら決めましょう。

また、最初から勝利額や損失額をあらかじめ自分の中で決めておき、そのルールの中のプレイすることをおすすめします。

 

グッドマン法 のまとめ

 

損失額のリスクを最小限に抑えながら、資金を増やすことが出来るグッドマン法。

連敗してしまった場合でも利益は一気に減らずにすみ、連勝数によって大きな利益が期待できます。

グッドマン法を使用しながら資金を増やすには、連続で勝利する必要があります。そのため長期戦になることも考えられるので、時間に余裕を持ってプレイしましょう。また、賭ける額を間違えないように、集中力も求められます。

このことから、グッドマン法は時間と忍耐力があれば利益を得ることができる必勝法です!

勝利時の利益を追求する攻略法の中で、リスクが確実に少ないものがグッドマン法です。

どの攻略法にもそれぞれメリットをデメリットがあるので、考慮した上で自分にあった攻略法を使用して資金を増やしましょう!