新しいレビュー

ミニバカラ

ミニバカラとバカラの違い

ミニバカラとバカラの違い バカラには多くの種類がありますが、ミニバカラもそのひとつ。ミニバカラは、ゲームの勝敗、決着スピードの速さからカジノの王様( The king of casino )と呼ばれています。元々、貴族の間で流行っていたバカラを、庶民でも楽しめるようにと改良したのがミニバカラと言われています。 通常のバカラはカジノ初心者には少し難しく感じるかもしれませんが、ミニバカラは通常のバカラの基本的な部分はおさえつつ、賭け金のミニマムベット(最低ベット額)が低かったりゲームが単純化されているため、初心者の方でも気軽に楽しむことができ、尚且つカジノベテランの方にも人気があります。また、バカラの醍醐味とも言えるスクイーズはミニバカラにはありません。 バカラが簡略されたもの 賭けれるベット額が低い スクイーズ(絞り)がない ここでミニバカラのルールとポイントをおさえて実際にオンラインカジノでプレイしてみましょう! ミニバカラのルール 通常のバカラと同じく、プレイヤーとバンカーの手持ちのカードの合計値が、どちらが9に近い方かに賭けます。 カードの数え方…

プントバンコ

プントバンコとバカラの違い

プントバンコとバカラの違い プントバンコは、西洋版のバカラのことです。ゲームそのものには違いはないはなく、15世紀のイタリアで生まれた「プントバンコ」の呼び方のほうが「バカラ」よりも歴史が古いのです。 またアメリカではバカラと呼ぶのに対して、イタリアを始めとするヨーロッパ圏では「プントバンコ」と呼ばれています。 バカラではプレイヤー(PLAYER)→プントバンコではプント(PUNTO) バカラではバンカー(BANKER)→プントバンコではバンコ(BANCO) プントバンコのルール 「プントバンコ」も「バカラ」も「カードのトランプを使い、仮想の二人の勝敗を予測するカジノゲームであり、どちらもまったく同じカジノゲームを指しています。 配られた2~3枚の合計数字の下一桁が、「9」に近い方が勝ちというシンプルなゲームです。 プントバンコのカードの数の数え方もバカラと全く同じです。 カードの数え方 ・2~9:そのままカウント ・10、J、Q、K:10とカウント ・A:1とカウント 数字は、下一桁で数えます。例えば2枚の合計が19であっても「9」と数えます。 プントかバンコどちらのカード合計値が「9」に近くなるかを予想して、チップを置きます。…

バカラ

バカラの歴史

日本で一番の人気カジノゲームなのがバカラ。世界中でも多くの人に愛されていています。バカラには約600年以上の非常に古い歴史があり今も尚プレイされているのです。 そんなバカラの歴史を知れば、益々バカラへの愛が深まるのでは無いでしょうか?ウンチクとしてちょっとお披露目するのもありですよね!早速バカラの始まりから現在に至るまで、バカラがどのように広まり人気ゲームになったのかを詳しくご紹介します。 バカラの由来 「バカラ」という名前の由来はイタリア語と言われており、ゼロあるいは破産という意味の言葉が語源とされています。 因みに日本で人気のグラス「バカラ」がありますが、それはフランスのロレーヌ地方、バカラ村に誕生したことが由来で、カジノのバカラとは関係が無いようです。 バカラの歴史 今ではインターネットを通してプレイすることができるバカラ。今日に至るまでどのような歴史があるのか見ていきましょう。 イタリア貴族のゲーム バカラの起源は600年以上前に、イタリアで始まったと言われています。バカラはイタリアの貴族の間で楽しまれていたタロットカードから派生し、15世紀頃には貴族の間で格式高いゲームとして行われていました。当時は印刷技術が無かったため、カードそのものが高価であり、貴族やお金持ちのみが楽しめた言わば高級ゲームだったのです。 フランス・イギリスに伝わる その後、イタリアとの紛争から帰国した兵士によってバカラはフランスに持ち込まれます。王族チャールズ8世と彼を取り巻く貴族たちの間で、特にお気に入りのゲームだったという記録があります。そしてバカラは数世紀の間イタリア、フランスの貴族において人気を博したのです。 ヨーロッパに広がる その後ヨーロッパを中心にどんどんと広がっていきます。一部地域ではギャンブルの弊害を恐れ、違法とする地域もあったほどです。また、同時に地域によって様々なローカルのルールが生まれ、バカラはゆっくりと広く発展していきます。 イギリスで注目を浴びる イギリスでは、1886年にバカラが違法となりました。しかし1891年にウィリアム・ゴードンがバカラのプレイ中に不正行為をし、王室に中傷の令状を出したという大きなニュースが注目されました。またバカラをプレイした者は、その後の裁判の証人として呼ばれたそうです。…

ジャパニーズスピードバカラ

待ちに待ったジャパニーズバカラ!

大手Elolution(エボリューション)社から2019年に誕生した 「「Japanese Speed Roulette(ジャパニーズルーレット)」日本人のディーラーによっては進められる大人気のライブゲームです。ライブカジノが好きな方ならきっと試したことがあるのではないのでしょうか? Evolution社はライブカジノを発信するゲームプロバイダーとして常に注目を集めています。そしてついに待望の「Japanese Speed Baccarat(ジャパニーズスピードバカラ)」が登場!バカラが好きな方には首を長くして待っていたはず!そんなジャパニーズスピードバカラについて詳しくご紹介します。 ジャパニーズバカラの特徴 まずはジャパニーズバカラの要点から。 完全日本語 このジャパニーズバカラも、ジャパニーズルーレット同様にもちろん日本人のディーラーによって日本語で進められます。実際のところ、日本人だけでなく、日本語が話せる外国人のディーラーさんもいるのでが、それはそれでなんだか癒されるんですよ! またジャパニーズルーレット同様、チャット機能があり日本語でその場でコメントをする事が出来ます。そのコメントに対してディーラーさんがカメラ越しに直接返してくれるので、アットホームな雰囲気でよりカジノを身近に感じるはずです。実際のランドカジノでは、ピリッとした空気が流れていてなかなかディーラーさんに話はかけられないもの。それに外国人のディーラーさんなら言葉も壁もありますよね。また、ジャパニーズバカラのテーブルに参加を始めると「〇〇さん、こんばんわ〜」と言ってくれるのでまるで馴染みのバーに来た感覚!勝利時にも名前を読み上げてくれるので、より気分も盛り上がります! ベット額 ジャパニーズバカラに賭けれるベット額は最小1ドル~最大10,000ドル。制限額がとても幅広いため、初心者の方からハイローラーの方まで自分にあったベット額で楽しむ事が出来ます。 コインはの種類は以下の6種類。…

ノーコミッションバカラ

手数料がない!?ノーコミッションバカラ

通常バカラはバンカーに賭けて勝つの手数料が取られますよね。それが取られないというなんとも嬉しい手数料などのバカラはノーコミッションバカラです。 お得に遊べる人気のバカラゲームではありますが、注意点もあります。 ここではノーコミッションバカラのプレイ方法や、普通のバカラとの違い、また注意点についてご紹介します。 ノーコミッションバカラの違い 通常バンカーに賭けてバンカーが勝つと通常のバカラなら手数料5%が発生します。そのため1ドル賭けたとしても利益になるのは0.95ドルというのが通常のバカラです。 しかし、ノーコミッションばからはこの手数料が発生しないため、1ドル賭けて勝てば1ドルの利益がもらえるのです。 その分、「バンカーに賭けてバンカーが6で勝つと配当が半分になる」というルールがあります。 要するに、1ドル賭けてバンカーが6で勝った場合の利益は0.5ドルになってしまいます。 ノーコミッションバカラの特徴 ・バンカーで勝っても手数料5%が発生しない しかし ・バンカーに賭けてバンカーが「6」で勝つと配当が半分になる ノーコミッションバカラの配当 ノーコミッションバカラでは配当も少し変わってきます。バンカーに賭けて勝った場合の配当も2倍なので、計算しやすく資金管理がしやすいと言えます。 プレイヤー:2倍…

RNG

RNGがあるゲームならイカサマの心配なし?

オンラインカジノをプレイする上で、イカサマがあるのでははないの?と疑問に思うこともあるのでなないでしょうか?その不安を解決すべく、オンラインカジノゲームの仕組みについてご紹介します。イカサマの心配なく、安全にプレイするにはライセンスとRNGというものが重要になってきます。   オンラインカジノの不安を打破 まずは何よりもオンラインカジノライセンスがあるオンラインカジノでプレイすることが大切です。ゲームの開発はオンラインカジノではなく、ゲームプロバイダーというゲームの制作会社により提供されています。そしてオンラインカジノごとに異なるゲームプロバイダーを取り扱うという仕組みです。 合法的に運営しているライセンスがあるオンラインカジノは、ライセンスがあるゲームプロバイダーを扱っており、そのプロバイダー乱数発生器(RNG)を扱っています。 ライセンスが保持しているオンラインカジノ ⬇️ ライセンスを保持しているゲームプロバイダー ⬇️ 「乱数発生器(RNG)」を扱っている オンラインカジノの乱数発生器(RNG)とは 乱数発生器(RNG)は英語でランダムナンバージェネレーター、RNG(Random number generator)と呼ばれます。 基本的に、現在ほとんどのオンラインカジノのスロット、そしてブラックジャック、バカラ、ルーレットなどのすべてのゲームは、乱数発生器(RNG)により動作しています。この乱数発生器(RNG)プログラムされているアルゴリズムで、スピンやカード配布が完全にランダムであることを保証してくれるというものです。また、乱数発生器(RNG)は、すべてのオンラインゲームのゲーム規制で義務付けられている「平均賭け金の少なくとも92%を返す」という、最小の値を保証するようにプログラムされているため、勝てる各区立が高いのです。…

バカラ3

損失額を抑えながら勝利金を増やす「イーストコーストプログレッション法」

イーストコーストプログレッション法はカジノ必勝法で、負け時の損失額を最大限に抑えて、勝利時に多く儲けることができるカジノ攻略法です。イーストコーストプログレッション法の使い方を覚えてバカラのプレイに活用してみましょう。イーストコーストプログレッション法を使用すると勝利時に大きな儲けを得ることができます。 イーストコーストプログレッション法について詳しくご紹介します。 イーストコーストプログレッション法の特徴 イーストコーストプログレッション法を活用すると連続で負ける時にはなるべく損失額を抑えて、連続で勝つ時には大きく儲けることができます。 使用できるゲームはバーネット法やグッドマン法と同じく、勝率が1/2、つまり50%で勝つチャンスがあるルーレットの赤黒賭け、バカラ、ブラックジャックなどで用いることができます。 イーストコーストプログレッション法の使い方  イーストコーストプログレッション法を使用する際は、最初に賭け金の設定をします。最初の賭け金が高いほど後々リスクが高くなり、賭け金が低いほどリスクも低くなります。 慣れるまでは低めの賭け金を設定することをおすすめします。 2連勝になるまで、最初に設定した金額と同じベット額を賭けます。2連勝になったら次のベットからイーストコーストプログレッション法を活用できます。 2連勝後、直前に賭けたベット額に、前回と前々回で儲けた利益を上乗せしてベットします。このベットで勝った場合は常に儲けの半分は手元に残し、残りの半分の利益を上乗せしてゲームを進めます。要するに3回連続して勝った場合は、次に賭ける際 賭け金= 前ゲーム賭け金 + 前ゲームで得た利益の半分 を賭けます。…

IR

【カジノ最新ニュース】統合型リゾートが検討されている市

2016年の統合型リゾート推進法が決まり、2018年には統合型リゾート(IR)実施法の導入が日本に設立することがで決まった今、世界中のカジノ界が日本の今後の行方に注目しています。現在、最もホットな話題はIRプロジェクトを進めるにあたり、日本候補者の市が、国にIRを紹介する取り組みを行っていることです。カジノの設立により世界中からの観光客がさらに増えれば経済的により日本が豊かになることが期待されています。統合型リゾート(IR)は全国に3箇所を設置することになっています。8つの誘致市が定期的に方針案を提出し、事業者公募などを集い、実際にどこにIRが設立されるの検討されているところです。 統合型リゾート(IR)の設立によって経済が大きく変わるため日本国民として目が離せません! 統合型リゾート(IR)招致している市 現在、東京、北海道(苫小牧市)、千葉、愛知、横浜、大阪、和歌山、長崎(佐世保市)の合計8つの市が統合型リゾート(IR)の設立を検討して、国に誘致しています。 東京 東京の小池百合子知事はGGRAsiaに「東京は応募するかどうかを検討する」と話しています。実際のところ、2020年5月に東京はIRレースから撤退しましたが、世界中は首都の東京が有力な候補になるのではないかと言われています。間違いなく、首都であり大規模な人口の重要性を考えると、東京は一つの候補であると言える場所です。 大阪 大阪府・市は2021年2月12日に、カジノを含む統合型リゾート(IR)で、事業者に求める条件などをまとめた「実施方針案」で国の基準を上回る規模を求める方針を変えずに進めています。大阪府の吉村洋文知事らは27~28年度の全面開業を目指しており、2021年の3月からさらに事業者を追加公募する予定です。 現時点で大阪IRの事業者公募に参加しているのは米MGMリゾーツ・インターナショナルと オリックスの共同グループのみ。 IRは2025年国際博覧会(大阪・関西万博)と並ぶ成長戦略の柱とされているため、完成時期が白紙で、先行きが不透明になっている状態です。 横浜 日本で2番目に大きい横浜は横浜は2021年1月21日に開始された横浜IR開発計画と提案依頼書(RFP)プロセスに合計8,300万円を投入すると発表しました。IRでは様々な⽇本の魅⼒を体験て、それらを通じ⽇本各地における 新たな観光ビジネスのモデルの確⽴を⽬指しています。 マカオのオペレーターであるギャラクシーエンターテインメントグループ、ゲンティンシンガポール、メルコリゾーツエンターテインメント、日本のグループ、聖徳太子、セガサミーホールディングスなどのの5つの民間企業が提案依頼書に携わっています。…