バーネット法は負け時の損失額を最小限に抑えて、連勝時の利益を積み重ねていくことができるディフェンス型のカジノ必勝法です。使い方を覚えて様々なカジノゲームで活用しましょう。

バーネット法とは

バーネット法、別名1326法はルーレットの赤黒賭け、バカラ、ブラックジャック、シックボーなど勝率が1/2、つまり結果が2つのうちのどちらかのゲームのみに活用することができます。使い方はとてもシンプルです。連勝した時に、そこから1ドル→3ドル→2ドル→6ドル→6ドル→6ドル・・・・と賭けていくだけです。グッドマン法とも似ているため、合わせて覚えておきましょう。

バーネット法はリスクを最小限に抑えて、利益を確保することができるため、使用方法を覚えて実際にオンラインカジノのプレイに活用してみましょう。

バカラでバーネット法を活用

バーネット法はバカラの戦略として相性のいいゲームです。

早速賭け方について説明します。バーネット法は別名「1356法」と呼ばれるように、攻略内容がそのまま必勝法となった非常にシンプルなものです。

バーネット法(1356法)は賭ける金額が固定で決まっています。

勝つ度に「1ドル→3ドル→2ドル→6ドル→6ドル…」の順番に賭けて、ゲームを進めていきます。

負けた場合はベッド額を$1に戻して、一度バーネット法を使用するのを止めます。そしてまた勝ちが出た場合、再度バーネット法をとりいれます。

 

  1. 最初に「1ドル」賭ける
  2. 勝ったら「3ドル」賭ける
  3. 更に勝ったら「2ドル」賭ける
  4. 最後は4連勝を狙って「6ドル」を賭ける

1~4の手順のどこかで負けたら、必ず最初の「1ドル」からやり直すことがポイントです。

勝ったら、賭け金を1ドルから3ドルに増やします。勝つまでは1ドルを賭け続けましょう。3ドル賭けて勝てば、次は2ドル賭けます。そしてさらに勝ったら賭け金を6ドルにして、連勝が続く間は6ドルを賭け続けましょう。

この手順のどこかで負けたら、必ず最初の1ドルに戻すことが大切です。利益が出て、そこで確定させたい時は、もちろんどのタイミングで止めても構いません。

バーネット法のメリット

  • 連勝すればするほど利益が上がる
  • 連敗しても損失額が最小限
  • 五分五分の結果でも利益を出すことができる

バーネット法のデメリット

  • 勝ち負けが交互に続くとマイナスになる
  • 3連勝しないと利益が出ない

バーネット法の応用編

一気に勝利額を増やしたい場合は1326法だけではなく、2倍にした「1、6、4、12」や、3倍にした「6、9、6、18」と賭けることも可能です。

これはグッドマン法でも同じような応用編ですが、グッドマン法よりもさらに勝利金を増やすことができます。

しかし負けた場合のリスクは少し高くなるので、資金を考えてから応用編を使いましょう。

また、あらかじめ勝利額や損失額の限度額を決めてれば時間や手持ち金をたくさんオーバーすることなくプレイすることができます。

バーネット法のまとめ

手堅くリスクを最低限に抑える守り型の必勝法がバーネット法です。

あまり大きなリスクをかけずにカジノで遊びたい堅実志向な方にはぴったりのカジノ必勝法です。また、カジノ初心者の方もすぐに取り入れられる方法なので、実際にすぐに取り入れることができます。

ただし資金を増やすには3連続勝利する必要があるため、長期戦になることも考えられます。そのため活用する際は、時間に余裕を持ってプレイすることと、忍耐力が必要になってきます。