バカラ基本攻略法 罫線

バカラの罫線とは、バカラをプレイする上での最も基本の攻略法です。ギャンブルには必ず「勝負の波」があり、その波を表にあらわしたものが罫線です。

オンラインカジノのバカラでプレイする際には、自動的にゲーム結果を記した表が表示されます。この表を読むことで、次にバンカーかプレイヤーのどちらが勝つかを推測することができます。

バカラでより勝利を得るために、罫線の読み方を理解しましょう。

バカラ 罫線の種類

罫線の種類で代表的なのは次の5つがありますが、大路が最も一般的な方法です。ここでは大路の罫線の読み方をご紹介します。

  • 大路(ダイロ、ダァルー)
  • 小路(シュウロ、シャォルー)
  • 大眼仔(ダイガンチャイ、ダァガンツー)
  • 甲由路(カッチャロ)
  • 珠盤路(チューチャイロ)
  • 番外:人間罫線

バカラ 罫線の見方

1ゲーム終了するごとに左側から順にマークが付いていきます。下のように結果が表記されます。「大路(ダイロ)」の罫線では、以下の表のようにバンカーかプレイヤーのどちらかに勝ちが続くと、下に結果を表記し、違う勝ちに移ったら、次の列に記録を付けていきます。

連勝の場合
3、4、5のようにと連勝した場合は、同じ列の下に表記され続きます。

連勝でない場合
3のように連勝しなかった場合は、右の列に表記されます。

引き分けの場合
引き分けの場合は、2のように1の下のマスに緑のスラッシュが表記され、次にバンカーかプレイヤーがでた場合、右の列に表記されます。

罫線の用語について

落ちる
「大路」では、連勝が続く場合に下へチェックをしていきます。
そこからきた「(下に)落ちる」という言い方をします。

横に走る
バンカー・プレイヤーが交互に勝つことを「横に走る」という言い方をします。

面(ツラ)
連勝が続く状態を「ツラ」と呼びいます。連勝を単にタテヅラと呼ぶこともあります。例えば、バンカーが連勝していた場合ならバンカーヅラ(バンヅラ)、これがプレイヤーの場合はプレイヤーヅラです。

バカラの波の読み方

罫線を読んでいると、勝負の波には形があることが分かってきます。

完全な運任せかと思えますが、バカラの勝負には「勝負の波」があります。これを読み解いていき次に何がでくるのか予測することができます。

テレコ

バンカーとプレイヤーが交互に勝っている場合、勝負の波は「テレコ」といいます。

ヅラ(連勝)

一方の連勝が続くことをヅラと言います。バンカーの連勝が続く場合バンカーヅラ、プレイヤーの連勝が続く場合プレイヤーヅラという言い方をします。

プレイヤーとバンカーが交互に同じ数ずつ連勝している場合、連勝の波がきているとわかります。

ニコイチ

一方が2勝そしてもう一方が1勝。これが繰り返され2勝1勝、2勝1勝となっていることを「ニコイチ」といいます。この場合は次に来るのがバンカーと予測できます。

ドラゴン

大路を使用する場合、通常は縦6マスの表になります。バンカーかプレイヤーのどちらかの連勝が続いて6連勝を超えた場合は右のますに移動して表記します。このような場合、ドラゴンという言い方をします。


まとめ

バカラの罫線の見方や書き方は覚えればとても簡単にでき、ただの運任せではなく勝利に必ず近づけてくれます。

まずはバカラの罫線の基本となる大路から覚えて扱えるようになりましょう。