利益を残す必勝法 イーストコーストプログレッション法

イーストコーストプログレッション法とは

イーストコーストプログレッション法 とは連続で負ける時にはなるべく損失を抑え、連続で勝つ時には大きく儲けることが出来るオンラインカジノの必勝法です。勝率が1/2で2倍配当のルーレット(赤黒賭け、奇数偶数賭け、ハイロー賭け) 、バカラ、ブラックジャックなどのオンラインカジノゲームに使用することが出来ます。利益の一部を手元に残しながら、連勝時の利益を増やしていくことができます。勝った際に、直前のベット額+直前に賭けた利益の半分を次に賭けるという計算式があるため、最初のうちは紙に書いて計算するのが良いでしょう。
また、2連勝しなければイーストコーストプログレッション法が活かされません。そのため、メリットとデメリットをしっかり知ってから活用するようにしましょう。

イーストコーストプログレッション法の賭け方 

イーストコーストプログレッション法を活用する前に、まず最初の賭け金を決めます。最初の賭け金が高いほど後々リスクが高くなり、低いほどリスクも低くなります。最初のうちは低めの賭け金を設定することをおすすめします。
2連勝になるまでは同じ金額を賭けてください。2連勝したら、イーストコーストプログレッション法を活用します。2連勝後、直前に賭けたゲームの賭け金に、前回と前々回で儲けた利益を上乗せして次のゲットを賭けます。勝った場合は常に儲けの半分は手元に残し、残りの半分の利益を上乗せしてゲームを進めます。

  • まず最初のベット額を$1とします。
    2連勝したら、次のベットは基本ベットの$1に2連勝分の利益を上乗せして賭けます。
    次のベット額は$3ということになります。

1+1+1=3

 基本ベット+前回の利益+前々回の利益=次に賭けるベット額 

  • 3連勝した場合
    次のベットは直前に賭けた金額$3に直前に賭けた利益の半分を上乗せして賭けます。
    次のベット額は$5になります。

 3+2=5

直前のベット額+直前に賭けた利益の半分=次に賭けるベット額 

  ※1.5は四捨五入して2

  • 4連勝した場合
    次のベットは直前に賭けた金額$5に直前に賭けた利益の半分を上乗せして賭けます。
    次のベット額は$8になります。

5+3=8

直前のベット額+直前に賭けた利益の半分=次に賭けるベット額 

  ※2.5は四捨五入して3  

勝ち続けている間はこの繰り返しで賭けていきます。負けたらその時点でイーストコーストプログレッション法をやめて、最初に決めた基本のベット額に戻して賭けます。

イーストコーストプログレッション法  シュミレーション

人気のバカラでイーストコーストプログレッション法を使ったシュミレーションをしてみましょう。バカラの基本ルールは、「プレイヤー」か「バンカー」という仮想の2人の勝負を予想します。バカラではバンカーに賭けて勝った場合、カジノにコミッションフィー5%が差し引かれてしまいます。イーストコーストプログレッション法を使用する際は、プレイヤーに賭けるようにしましょう。このシュミレーションでもプレイヤーに賭け続けます。ここでは最初の基本額を$1 に設定します。勝つまで$1を賭け続け、イーストコーストプログレッション法を取り入れます。

🔴1回目

プレイヤーに$1賭ける→負け

🔴2回目

負けたので、またプレイヤーに$1を賭ける→勝ち

🔴3回目

勝ったので、ここでイーストコーストプログレッション法を導入
1+1+1=3
プレイヤーに$3を賭ける→勝ち

🔴4回目

また勝ったので、直前のベット額+直前に賭けた利益の半分を次に賭ける
3+2=5
プレイヤーに$5を賭ける→勝ち

🔴5回目

また勝ったので、直前のベット額+直前に賭けた利益の半分を次に賭ける
5+2=7
プレイヤーに$7を賭ける→勝ち

🔴6回目

また勝ったので、直前のベット額+直前に賭けた利益の半分を次に賭ける
7+4=11
プレイヤーに$11を賭ける→負け

🔴7回目

負けたので、イーストコーストプログレッション法をやめる
最初に決めた$1を賭ける→勝ち

🔴8回目

勝ったので、また$1を賭ける→負け
(2連勝になるまでは同じ金額を賭ける必要がある

 🔴9回目

負けたのでまた$1を賭ける→勝ち

🔴10回目

また$1を賭ける→負け

4連勝が続き、勝負5回目では$32まで増やすことができました。しかし、その後、勝ち負けが交互に続き、勝負10回目では最終的に$23の利益となりました。

 

イーストコーストプログレッション法のメリット

イーストコーストプログレッション法のメリットについて見てみましょう。

👍🏻損失を抑えながら利益を上げられる

3連勝することでイーストコーストプログレッション法は効果を発揮して連勝時にしっかりと利益を確保することができます。そのため、その後連敗してしまった場合も、利益をしっかり残すことが出来ます。そのため、損失のリスクを抑えることができるのが特徴です。

イーストコーストプログレッション法のデメリット​​

イーストコーストプログレッション法のデメリットをしっかり抑えて理解した上で、必勝法を活用しましょう。

👎🏻2連勝する必要がある

イーストコーストプログレッション法は、2連勝してからスタートする攻略法です。バカラなどの勝率が50%のカジノゲームで2連勝する確率は、約25%。そのため、イーストコーストプログレッション法は、この条件が揃わないと利益を出すことが難しい攻略法です。

👎🏻長期戦になる

イーストコーストプログレッション法は、2連勝しないと活用することが出来ません。そのため短期戦では損失が出たまま、ゲームが終わってしまう可能性もあります。また3連勝した後からは手元に利益をしっかり残せますが、逆に言えば3連勝しなければ利益がでません。そのため、長期戦いなることが考えられます。

イーストコーストプログレッション法 応用 

イーストコーストプログレッション法は、利益の半分を手元に残し、残りの半分を次のゲームの賭け金に上乗せしていくのが基本の方法です。応用編として、利益の半分ではなく、手元に残す金額を大きくしたり小さくすることも可能です。手元に残す金額の割合をあげれば、確保できる利益は上がり、ゲーム時にベット額が減ります。逆に手元にある金額の割合を下げることで、確保できる利益は下がり、ベット額が増えます。資金に合わせて手元に残す金額の割合を変えてみましょう。