All Posts

CASINO BLOW

バカラ好き必見!日本のバーでバカラをプレイできる!?

オンラインカジノの魅力は、パソコン、スマホ、タブレットのいずれか、そしてインターネット環境があればいつでもどこでも手軽にプレイできることですよね。でも時にはランドカジノでプレイしてリアルな臨場感を楽しみたいもの。とは言え、日本にはランドカジノがないし、カジノ法案が成立したとはいえ、まだお金を賭けてカジノゲームをするのは違法。そのため、わざわざ海外に行かないといけません。 しかし、日本でもバカラ、ブラックジャック、ルーレット、テキサスホールデムなどの本格的なカジノゲームを体験することができる場所ができたんです!実際にお金を賭ける訳ではないので、合法で楽しむことができます。 その名も「CASINO BLOW」。2021年3月8日に恵比寿に新店舗がオープンし、「大人の楽しい時間の過ごし方」を提案する言わば隠れ家的なカジノバー。 CASINO BLOWの自体を覗いてみましょう。 ここがすごい1 入場料1,000円でソフトドリンクもアルコールドリンクも飲み放題。 ここがすごい2 1回の来店につき1マイレージが貯まり、貯まったマイルはカジノチップや商品券に交換することができます。 15マイレージ:$400と交換可能 20マイレージ:1万円分の商品券と交換可能 ここがすごい3 チップが多めについてくるお得なパック料金があるので、プレイする量に合わせて購入できます。また、すべてのパックは入場料込みの金額です。 ¥1,000/$20…

007

バカラが出てくる映画ベスト3

多くのカジノゲームがありますが、バカラは日本で最も人気のあるゲームです。バカラは一攫千金を狙うことができる、簡単でありながら奥が深いなど、様々な魅力から、多くの映画でもバカラが登場し、ストーリが展開する上で重要な役割を果たしています。そこで、バカラが出てくるおすすめ映画をご紹介します。映画を見ればさらにバカラの楽しさを実感できるでしょう! No.1 ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! 1964年に制作された古い映画ではありますが、ビートルズとバカラの両方が好きな方に是非みてドキュメンタリー映画です。しかし、バカラがどのやって関わってくるの?と思うでしょう。 ビートルズがイギリスにいるとき、ジョンの祖父が地元のカジノでバカラをプレイしようとします。しかし、ゲームのルールを理解していないので、 ボトルを次々と叩き笑える場面です。 No.2 ラッシュアワー3 2007年にリリースされたジャッキーチェーンが主人公のラッシュアワー3作目です。バカラを巻き込んだ陽気なシーンが見所になっています。アメリカのコメディアン、クリスロックがバカラをプレイするシーンでは最悪のハンドを手にしますが、3人の他のプレイヤーに勝ったとしてストーリーが展開されていきます。 実は、ジャッキーチェーン自身もバカラのプレイが大好きなんです。この映画のバカラシーンはその事実からインスピレーションを受けて作ったと言われています。 また、ジャッキーチェーンはまた、彼の人気映画の1つ1993年のシティハンターでもバカラをプレイしています。 N0.3 007 サンダーボール作戦 言わずと知れた、ジェームズボンドのスパイアクション映画「007」。1965年の古い作品ではありますが、洗練された上流階級のバカラのプレイを見て楽しむことができます。この作品の中では、ショーンコネリーが演じるジェームズボンドがカードをチラ見してゲームに勝つというなんとも大胆なストーリーです。 1995年の「007 ゴールデンアイ」でもバカラが少し登場します。ピアースブロスナンが演じるジェームスボンドはカジノ・ド・モンテカルロでバカラをした後、アントワーヌの砦から彼女の行く先を観察します。…

バカラ3

損失額を抑えながら勝利金を増やす「イーストコーストプログレッション法」

イーストコーストプログレッション法はカジノ必勝法で、負け時の損失額を最大限に抑えて、勝利時に多く儲けることができるカジノ攻略法です。イーストコーストプログレッション法の使い方を覚えてバカラのプレイに活用してみましょう。イーストコーストプログレッション法を使用すると勝利時に大きな儲けを得ることができます。 イーストコーストプログレッション法について詳しくご紹介します。 イーストコーストプログレッション法の特徴 イーストコーストプログレッション法を活用すると連続で負ける時にはなるべく損失額を抑えて、連続で勝つ時には大きく儲けることができます。 使用できるゲームはバーネット法やグッドマン法と同じく、勝率が1/2、つまり50%で勝つチャンスがあるルーレットの赤黒賭け、バカラ、ブラックジャックなどで用いることができます。 イーストコーストプログレッション法の使い方  イーストコーストプログレッション法を使用する際は、最初に賭け金の設定をします。最初の賭け金が高いほど後々リスクが高くなり、賭け金が低いほどリスクも低くなります。 慣れるまでは低めの賭け金を設定することをおすすめします。 2連勝になるまで、最初に設定した金額と同じベット額を賭けます。2連勝になったら次のベットからイーストコーストプログレッション法を活用できます。 2連勝後、直前に賭けたベット額に、前回と前々回で儲けた利益を上乗せしてベットします。このベットで勝った場合は常に儲けの半分は手元に残し、残りの半分の利益を上乗せしてゲームを進めます。要するに3回連続して勝った場合は、次に賭ける際 賭け金= 前ゲーム賭け金 + 前ゲームで得た利益の半分 を賭けます。…

バーネット法

手堅く勝てる必勝法「バーネット法」

バーネット法は負け時の損失額を最小限に抑えて、連勝時の利益を積み重ねていくことができるディフェンス型のカジノ必勝法です。使い方を覚えて様々なカジノゲームで活用しましょう。 バーネット法とは バーネット法、別名1326法はルーレットの赤黒賭け、バカラ、ブラックジャック、シックボーなど勝率が1/2、つまり結果が2つのうちのどちらかのゲームのみに活用することができます。使い方はとてもシンプルです。連勝した時に、そこから1ドル→3ドル→2ドル→6ドル→6ドル→6ドル・・・・と賭けていくだけです。グッドマン法とも似ているため、合わせて覚えておきましょう。 バーネット法はリスクを最小限に抑えて、利益を確保することができるため、使用方法を覚えて実際にオンラインカジノのプレイに活用してみましょう。 バカラでバーネット法を活用 バーネット法はバカラの戦略として相性のいいゲームです。 早速賭け方について説明します。バーネット法は別名「1356法」と呼ばれるように、攻略内容がそのまま必勝法となった非常にシンプルなものです。 バーネット法(1356法)は賭ける金額が固定で決まっています。 勝つ度に「1ドル→3ドル→2ドル→6ドル→6ドル…」の順番に賭けて、ゲームを進めていきます。 負けた場合はベッド額を$1に戻して、一度バーネット法を使用するのを止めます。そしてまた勝ちが出た場合、再度バーネット法をとりいれます。   最初に「1ドル」賭ける 勝ったら「3ドル」賭ける 更に勝ったら「2ドル」賭ける 最後は4連勝を狙って「6ドル」を賭ける…

IR

【カジノ最新ニュース】統合型リゾートが検討されている市

2016年の統合型リゾート推進法が決まり、2018年には統合型リゾート(IR)実施法の導入が日本に設立することがで決まった今、世界中のカジノ界が日本の今後の行方に注目しています。現在、最もホットな話題はIRプロジェクトを進めるにあたり、日本候補者の市が、国にIRを紹介する取り組みを行っていることです。カジノの設立により世界中からの観光客がさらに増えれば経済的により日本が豊かになることが期待されています。統合型リゾート(IR)は全国に3箇所を設置することになっています。8つの誘致市が定期的に方針案を提出し、事業者公募などを集い、実際にどこにIRが設立されるの検討されているところです。 統合型リゾート(IR)の設立によって経済が大きく変わるため日本国民として目が離せません! 統合型リゾート(IR)招致している市 現在、東京、北海道(苫小牧市)、千葉、愛知、横浜、大阪、和歌山、長崎(佐世保市)の合計8つの市が統合型リゾート(IR)の設立を検討して、国に誘致しています。 東京 東京の小池百合子知事はGGRAsiaに「東京は応募するかどうかを検討する」と話しています。実際のところ、2020年5月に東京はIRレースから撤退しましたが、世界中は首都の東京が有力な候補になるのではないかと言われています。間違いなく、首都であり大規模な人口の重要性を考えると、東京は一つの候補であると言える場所です。 大阪 大阪府・市は2021年2月12日に、カジノを含む統合型リゾート(IR)で、事業者に求める条件などをまとめた「実施方針案」で国の基準を上回る規模を求める方針を変えずに進めています。大阪府の吉村洋文知事らは27~28年度の全面開業を目指しており、2021年の3月からさらに事業者を追加公募する予定です。 現時点で大阪IRの事業者公募に参加しているのは米MGMリゾーツ・インターナショナルと オリックスの共同グループのみ。 IRは2025年国際博覧会(大阪・関西万博)と並ぶ成長戦略の柱とされているため、完成時期が白紙で、先行きが不透明になっている状態です。 横浜 日本で2番目に大きい横浜は横浜は2021年1月21日に開始された横浜IR開発計画と提案依頼書(RFP)プロセスに合計8,300万円を投入すると発表しました。IRでは様々な⽇本の魅⼒を体験て、それらを通じ⽇本各地における 新たな観光ビジネスのモデルの確⽴を⽬指しています。 マカオのオペレーターであるギャラクシーエンターテインメントグループ、ゲンティンシンガポール、メルコリゾーツエンターテインメント、日本のグループ、聖徳太子、セガサミーホールディングスなどのの5つの民間企業が提案依頼書に携わっています。…

iwallet

決済サービスiWallet(アイウォレット)の特徴

オンラインカジノの決済サービスとして、多くのオンラインカジノが次々に導入しはじめている「iWallet(アイウォレット)」の特徴や使用方法をご紹介します。  iWallet(アイウォレット)とは  iWallet(アイウォレット)はインターネット上での支払いで使える電子決済サービスです。しかし、電子マネーとの違いは「現金化」できること。 電子マネーの場合は、一度チャージしたお金を現金に戻すことができませんが、iWallet(アイウォレット)では、オンラインカジノに入金し、勝利金を出金して再度iWallet(アイウォレット)にチャージし、銀行口座に振り込むことが可能です。  iWallet(アイウォレット)は安全? 「iWallet Limited」という香港の企業によって2013年に設立され、世界200か国以上で利用されています。i業界標準のSSL暗号化技術と最先端のファイアウォールシステムのプラットフォームをを採用し、不正アクセスの防止、データ盗難から完全に保護する対策を行なっています。また、香港政府発行のライセンスMSO(MoneyServiceOperatorsLicense)を保持して運営されています。日本円、アメリカドル、ユーロなど世界の全6通貨に対応しており、法人なども含めると全12通貨を利用することができます。 9の通貨に対応しており、日本語にも対応しているため、安心して利用することができます。  iWallet(アイウォレット)のメリット i Wallet(アイウォレット)には豊富なメリットがあることから、多くのオンラインカジノでも積極的に採用されています。 口座開設が簡単 i Wallet(アイウォレット)は日本語対応で、本人確認書類が不要のため、簡単に新規口座を開設することができます。また、全てのサポートも日本語で受けられるため、安心して利用することができます。口座の利用金額上限を上げたい場合は、エグゼクティブ会員にアップグレードする手続きが必要ですが、本人確認書とと住所確認書を提出すればすぐにアップグレードすることができます。 ATMで引き出しできる…

venus point

ポイント還元ができる決済サービス「Venus Point」

— Venus Pointとは Venus Pointは、ポイント換金ウォレットと言われ、オンラインカジノなどの提携しているサービスで貯まったお金をポイントとして管理することができます。ポイントを現金として日本の銀行口座に引き出したり、他のサービスで利用することが可能です。 単位はptで管理し、保有ポイントは「1pt=$1」として換算します。保有のptでカジノ送金(入金)自体は可能ですが、ポイントを購入することはできません。そのため、一番最初にオンラインカジノに入金するには、クレジットカードや他の電子決済サービスを利用する必要があります。ただし、別の提携サービスを利用して既にポイントが貯まっている場合は、そのポイントをオンラインカジノに入金することができます。 Venus Pointの特徴 Venus Pointの特徴をみてみましょう。 登録が簡単 名前と住所の入力、メールアドレスの本人登録をすれば2分ほどで簡単にアカウント登録が完了し、すぐに利用することができます。「ポイント」を管理するサービスのため、金融機関サービスの利用のように本人確認書類を提出する必要がありません。 手数料が格安 国内の銀行振込で現金を受け取ることができる上に、手数料が格安と言うのがヴィーナスポイントの大きな特徴です。また口座開設や口座維持のための手数料は一切かかりません。 平日で出金額が350ドル未満の場合は1.3ドル、350ドル以上の場合は無料です。土日祝日の場合は900ドルごとに2.9ドルの手数料がかかります。オンラインカジノの勝利金を引き出す場合は、平日にまとまったお金を一気に引き出すようにしましょう。…

dragontiger

ドラゴンタイガーのプレイ方法

ドラゴンタイガーを聞いたことがありますか?バカラにとても似たルールで、「ドラゴン」と「タイガー」の、どちらが勝つかを予想するカジノゲームです。バカラよりもさらに簡単でシンプルなため、カジノ初心者やバカラを始めたいと思っている方にもおすすめのゲームです。 ドラゴンタイガーとは? ドラゴンタイガーは世界的な人気を誇るバカラをシンプルにしたカジノカードゲームです。発祥地はカンボジア。カジノがカンボジアから始まるとは意外な感じがしすよね。しかし、アジアを中心に大人気のゲーム何です。日本では、オンラインカジノのテーブルゲーム か、ディーラーとウェブカメラを使用してリアルタイムでプレイできるライブカジノ からプレイすることができます。 ドラゴンタイガーのルール  ドラゴンタイガーはジョーカーを除いたカードの4セットで行われます。(52枚×8=416枚)カードの中からから2枚のカードが引かれてドラゴン側に1枚、タイガー側に1枚配られ、プレイヤー(プレイする本人)は、どちらの数字が大きいかを予想してベットします。 賭け方 賭け方にはドラゴンかタイガーの数字の大小を予想する「ビックスモール」、奇数か偶数か、「引き分け(タイ)」、数字と絵柄が同じカード「スーテッドタイ」など、全部で11通りの賭け方があります。 カードを引くか引かないかというバカラのような選択はありません。 カードの強さは最小値カードがA、最大値カードがKです。  弱←A-2-3-4-5-6-7-8-9-10-J-Q-K→強         ドラゴンタイガーのゲームの流れ  ゲームの流れを見てみましょう。…

ライセンス

信頼できるオンラインカジノライセンスとは

2,000を超えるオンラインカジノが存在し、どこでプレイするか迷うところではないでしょうか?オンラインカジノの中にはお金を不当に騙し取ろうと考える悪質な運営業者も存在しているのが事実です。まずは信頼できるオンラインカジノを選ぶことが大切です。では信頼できるオンラインカジノとはなんでしょうか?それは「合法的に運営されているオンラインカジノ」イコール「信頼できるライセンスを保持しているか」です。 オンラインカジノのライセンスについて詳しくご紹介します。 信頼できるライセンスの種類 オンラインカジノを合法的に運営するためには、政府から発行される運営許可証である「ライセンス」が必要になります。 ライセンスを取得するためには厳しい審査をクリアし、ライセンス料を払わなければいけません。しかし、オンラインカジノのライセンスにも多く存在し、どのライセンスが信頼度が高いのか知る必要があります。基本的に、オンラインカジノのウェブサイトの下部には、保持しているライセンスが表記されています。以下のライセンスがあるかどうか確認するようにしましょう。 マルタゲーミングオーソリティー(Malta Gaming Authority) 発行政府:マルタ共和国の政府 発行年:2000年〜 信頼度:9/10 マルタゲーミングオーソリティー(MGA)はオンラインカジノが公正、合法、責任を持って、プレイヤーの安全を念頭に置いて運営されていることを目的としています。そして、数多くのゲーミングライセンスの中でも、最も取得するのが難しいライセンスの1つです。そのため最も信頼度が高いと言えます。信頼度が9/10の理由はイギリス政府が発効するUKGCのライセンスが1番高いためです。しかし、UKGCがイギリスのオンラインカジノのみに与えられるもので、現在は日本マーケットのオンラインカジノでは取得することができません。 さらにマルタライセンスは定期的な抜き打ち調査を行うことで、不正がないかを常にチェックしており、不正が発覚した場合はライセンスがすぐに剥奪されるようになっています。 ジブラルタル(Gibraltar) 発行政府:イギリスの海外領土(スペインに位置する)ジブラタル政府発行…