31システム法とは、1つのサイクルの賭けを繰り返すカジノ必勝法です。「31パーレイシステム」「31法」「31システム」とも呼ばれます。31システム法は勝率50%(配当2倍)のオンラインカジノゲームで使用することができ、バカラやルーレットの赤黒賭けなどにぴったり!勝利時も負けた時も次の賭け金をアップさせていくという法則があり、マーチンゲール法など他の必勝法とは違った珍しいベット方法です。
また少ない資金でも活用することができるので、オンラインカジノ初心者や少ない資金で勝利金を増やしたいという方にぴったりの必勝法です。どんな攻略法もメリットがあればデメリットもあるもの。ここで31システムのバカラでのシュミレーションをしながら、ここでやり方を学びましょう!

31システム法の賭け方

31システム法のルールをまずは見てみましょう。

「1→1→1→2→2→4→4→8→8」のというサイクルに従って、賭けていきます。全ての数字を足すと「31」になることから31システム法という名前がつけられています。
「1単位 $=1」から始めると「$1、$1、$1、$2、$2、$4、$4、$8、$8」 =$31の軍資金で勝負することができます。
最大損失額=資金額=1セットと考えましょう。

 

  1. まずは1単位をいくらにするか決めます。最初のうちは「1単位=$1」で始めることがおすすめ!「1→1→1→2→2→4→4→8→8」が1セットになります。
  2.  $1から賭けます。
  3. 負けた場合:賭け金を右へ移動
    勝った場合:賭け金が倍になるよう右へ移動
  4.  2連勝したらセットを止めて、最初に戻ります。また最後の「8」に到達した場合も最初に戻ります。

31システム法 シュミレーション

実際に31システム法を使用した時のシュミレーションをバカラを用いて見てみましょう。ただしバカラに31システムを使用する際は、必ずプレイヤーにベットする必要があります。バンカーにベットして勝利すると5%のコミッションを取られて利益が出なくなってしまう恐れがあるためです。ここでは「1単位 $=1」としてベットします。

 

🔴1回目
$1をプレイヤーにベット
$1、$1、$1、$2、$2、$4、$4、$8、$8→負け

🔴2回目

負けたので、賭け金を右に移動
$1→$1、$1、$2、$2、$4、$4、$8、$8
$1をプレイヤーにベット→負け

🔴3回目

負けたので、賭け金を右に移動
$1、$1→$1、$2、$2、$4、$4、$8、$8
$1をプレイヤーにベットします。→負け

🔴4回目

負けたので、賭け金を右に移動
$1、$1、$1→$2、$2、$4、$4、$8、$8
$2をプレイヤーにベット→勝ち

🔴5回目
勝ったので、賭け金が倍になるよう右へ移動
$1、$1、$1、$2→$2→$4、$4、$8、$8
$4をプレイヤーにベット→勝ち

🔴6回目
2連勝したのでここでセット完了。最初に戻る
$1、$1、$1、$2、$2、$4、$4、$8、$8
$1をプレイヤーにベット→勝ち

🔴7回目
勝ったので、賭け金が倍になるよう右へ移動します。
$1→$1→$1→$2、$2、$4、$4、$8、$8
$2をプレイヤーにベット→負け

🔴8回目

負けたので、賭け金を右に移動
$1、$1、$1、$2→$2、$4、$4、$8、$8
$2をプレイヤーにベット→勝ち

🔴9回目

勝ったので、賭け金が倍になるよう右へ移動
$1、$1、$1、$2、$2→$4、$4、$8、$8
$4をプレイヤーにベット→負け

🔴10回目

負けたので、賭け金を右に移動
$1、$1、$1、$2、$2、$4→$4、$8、$8
$4をプレイヤーにベット→勝ち

 

ベット回数 ベット額 勝敗 損益
1回目 $1 負け -$1
2回目 $1 負け -$2
3回目 $1 勝ち $0
4回目 $2 勝ち +$4
5回目 $4 負け $0
6回目 $1 勝ち +$2
7回目 $2 負け $0
8回目 $2 勝ち +$4
9回目 $4 負け $0
10回目 $4 勝ち +$8

 

10回目では最終的に+$8の利益を出すことができました。

31システム法のメリット

31システム法のメリットについて見てみましょう。

👍🏻少ない軍資金でプレイできる

多くの必勝法が存在しますが、多くは高額の軍資金が必要になります。しかし、31システム法なら少ない資金でもプレイすることができ、テーブルリミットになることもありません。そのため、仮にマイナスでセットが終わった場合でも、比較的損失額を取り戻しやすい攻略法です。

👍🏻リスクが少ない

仮に負けが続いて、1セットの全てのサイクルを終了してしまった場合でも、損失額は$31で済みます。利益も出しやすいためカジノ初心者の方にも利用しやすい必勝法です。

31システム法のデメリット

31システムのデメリットをしっかり抑えて理解した上で、必勝法を活用しましょう。

👎🏻2連勝しないと利益が出ない

31システム法は1セットで最大8ゲーム。この間に2連勝することで利益を出すことができません。逆に2連勝しなかった場合は損失になってしまいます。

👎🏻賭け額の間違いの恐れがある

「1、1、1、2、2、4、4、8、8」というセットがあるため、次のベット額のために、セットのどこまでベットしたか覚えておく必要があります。そのため、メモをしながらプレイするのがおすすめです。ランドカジノの場合が、メモの記入が禁止されていないますが、オンラインカジノなら、禁止がないため活用してみましょう!

31システム法 応用

31システムの応用として1 単位のベット額を増やすことができます。

【例】

1単位=$5の場合:$5、$5、$5、$10、$10、$20、$20、$40、$40=$155
「$155」の資金でプレイできます。

1単位=$100の場合:$100、$100、$100、$200、$200、$400、$400、$800=$2,300
「$2,300」の資金でプレイできます。

1単位を増やした場合、1セットの間に2連勝さえすればより多くの勝利金を得ることができますが、逆に負けが続いて勝利を得れなかった場合は、損失額も多くなるので気をつけましょう。